昨日の納涼アジリティー練習会

昨日は、ピーナッツフィールドさんとのコラボで納涼アジリティー練習会を開催しました。予想より多くのペアに参加していただき、夏にふさわしくにぎやかで、楽しい練習会となりました。ご参加いただいた皆様、お手伝いいただいた皆様、誠にありがとうございました。次回もまた、よろしくお願いいたしま~す。

ノービスコースは、スタートのフライングと3本目ハードル呼んでの旋回が共通の課題でした。どのペアもレッスンの時よりも、調和が取れてよく走れていたのではないでしょうか。

ジャンピングとアジリティーのコースは、松嶋先生作成の難しいと簡単コースがあって、難しいコースは、ウラ跳びがたくさん散りばめられたJKC的コース。簡単コースは、後半に犬の前進力かハンドラーの脚力が要求されるOPDES的コース。いずれのコースも、ハンドラーがしっかりと検分して、次から次に早めに指示しなくては・・・。犬を確認していると、ちがうハードルを跳ばれて、失格してしまうコース。私の記録と記憶では、コンタクト障害の失敗を取られているペアがいなかったのではないかと思います。素晴らしい!!

反省点やこれからの課題も見えてきたと思います。練習会や競技会の後は、失敗したことが強く印象に残ってしまうものです。が、昨日良かった点や前から比べて良くなっている点を、たくさん、たくさん思い出して、良い印象が残るようにしていくとよいと思います。犬のためにも、自分のためにも!

 

●photo by watanabe

お問い合わせ先

TEL: 080-3400-8527   

MAIL.info@skfield.com