今日のアジリティーレッスン

今日何の日~?8月3日で「はちみつの日」だそうです。さて、明日8月4日は、何の日でしょう?

(答えは明日のブログにて。)

日曜日のグループレッスンは、3レッスン①しつけチームテスト練習②オビディエンス③アジリティー練習となっています。①と②は、便宜上?名前を変えていますが、しつけ(オビディエンス)の基本は同じです。内容は、参加する犬に合わせて行いますので、どちらのクラスも、どなたでもご参加いただけます。日曜日にしつけ(オビディエンス)とアジリティーの両方に参加したい方は、レベル(レッスンの名前)に関わらず、②と③で参加していただくことも可能です。(①と③に参加だと時間が空いてしまいますので・・・)日曜日のレッスンは、頭数少なめです。今日はオビ2頭、アジ4頭でした。犬の経験年数にかかわらず、ご都合の良い曜日にご参加いただければ、幸いです!

 

 さて、8月の日曜日のアジリティー練習のテーマは、「スラロームのエントリー」です。今日は、トンネルからのエントリーとドッグウォークからのエントリーを練習しました。

障害からの犬目線の写真を撮ってみました。

①スタートに犬を座らせた時に、どの障害が見えてますか?

②トンネルから出てきた時に、どの障害が見えてますか?

③ドッグウォークを下りながら、犬の目には何が入っているのでしょうか?何を一番意識しているでしょうか。

犬目線で見てみると、ハンドラーの位置と呼びのタイミングが分かりやすいですね。

ハンドラーの位置が、スラロームのエントリーを邪魔をしてませんか。

 

 今日は、レッスン終了後にライアとディールに走らせてもらいました。色々なワンコでオビディエンスやアジリティーをやらせてもらえる機会が増えて、とってもうれしい!今日この頃です。

 コンタクト練習で、しつこいくらい、お話させていただいているのは、「ハンドラーの意識」。同じ犬でもハンドラーによって、コンタクトの意識が変わります。当たり前のことかもしませんが。。。スラロームも同じでしょうか。

 

お問い合わせ先

TEL: 080-3400-8527   

MAIL.info@skfield.com